心と身体の健康館



【香りのちからで心豊かな人生を】

植物の持つ「力のエッセンス」を凝縮したものが【精油(エッセンシャルオイル)】です。
『精油』と言われると、「どう使っていいのか分からない」方も多いかもしれません。
でも、その使い方・楽しみ方は、以外と簡単。
気軽に使って、暮らしを、人生をより豊かにしてみませんか?


エッセンシャルオイル
【ワンポイントアドバイス】

【精油の楽しみ方】
【精油の抽出法】
【精油の選び方】
【取扱い方】-1
  ふたはしっかり閉めましょう

【取扱い方】-2
  賞香期限は1年

【取扱い方】-3
  これだけは守って下さい
!!



暮らしの中で香りを楽しむ
暮らしの中に香りを役立てる
こんなアロマレシピ
★2人で愛を深めたい
★トキメキたい!恋をしたい!




MT_ローズマリー 12mL
のお求めは ↓コチラ↓
★★★  特集・媚薬と呼ばれたハーブたち ★★★

●エッセンシャルオイルは天与の媚薬  ローズマリー(マンネンロウ)

◆キリツとした強い香りが若返りの媚薬
ローズマリー 地中海沿岸地方からヨーロッパ南部が原産のシソ科の植物で、ギリシア時代から芳香を持った薬草として広く愛用されていました。
 中国には宋の時代に伝わり、「迷送香」の名で薬品として扱われました。不老長寿、記憶力を増進すると言われ、それを祈って髪に挿したという風習が残っています。
 優れた強壮作用があり、全身への刺敵作用が強く、昔から若返りの媚薬といわれています。


◆ローズマリーは愛のシンボル
 強い香りがいつまでも残ることから、「永遠の愛のシンボル」といわれ、婚礼のときの花嫁が身につけるハーブとされています。
 中世のころは花束にしたものを持ち歩き、ときどき香りを嗅ぐことによって、豊かな気分を味わえるとされていました。
 ローズマリーは、中世の人々の生活に欠かせないものでした。
 当時の人々は、ローズマリーを床にまいて香りを楽しみました。その香りで無気力な人もやる気が出て、生活に活気が出てくるのだと信じられていました。
 ローズマリーには殺菌作用があるので、病人がいるときには、病室でローズマリーを焚いて、感染を防いだといいます。

◆「マリアのバラ」の名前の由来
 語源はラテン語のRosimarines「海のしずく」がなまって英語のRoscimarine「海のバラ」、さらに変わってRoseimary「マリアのバラ」になったといわれます。
 聖母マリアに関する伝説の一つに、ローズマリーがなぜ青い花を咲かせるようになったかという話があります。
 マリア様が幼いイエスを抱いて旅をされたとき、途中、一本の木の側で一休みし、マリア様は着ていた青いマントを取って、この木に掛けました。木には白い花が咲いていましたが、それ以来青い花が咲くようになったということです。

◆「ローズマリーの成分と薬効
 エステル、アルコール類、リナロールなどの精油、そのほか有機酸、タンニンなどの配糖体を含んでいます。
 精油には、神経を刺激する興奮作用、催淫効果があります。
 媚薬として使われるほか、強壮、強精、体力増強、消化促進、殺菌などにも利用されます。

<-- 前のページ ┃  【目次】 ┃  後のページ--> 

【HOME】


【さわやか21】のアロマグッズは、 【10%OFF!
【さわやか21】は、安心の後払い。 【コンビニ】【クレジット】OK!
【さわやか21】は、[送料]全国一律300円!
          さらに、10,000円以上お買い上げの場合は、【送料無料!
お手軽マッサージは
ブレンド済みの
マッサージオイルで
今日を頑張った“私”にご褒美
首・肩,足,全身用の
アロママッサージオイル

初心者の方にもお勧め
ミニボトル3本セット


ラ・カスタ アロマエステ
 マッサージオイルキット

うるおいとハリのある、美しい素肌の為に

アロマスキンオイル

芳香浴を楽しむなら
ムーディーで、安心・安全
のアロマライト
芳香浴