★★★  アロマテラピーの歴史 ★★★


○古代からあった芳香の知恵
 植物が持っている力を、身心の癒しに役立てようという考え方は、数千年前の古代文明の時代からありました。
 例えば、古代エジプトの壁画には、香油の壷や香炉を神にささげる人物が描かれており、「香り」の利用が当時の生活に根づいたものであったことを示しています。インダス文明の遺跡からは、精油(エッセンシャルオイル)を抽出するための器具が発見されたという記録もあります。
 また、2〜3世紀の漢の時代にまとめられ5世紀末に再編された漢方の原典のひとつである「神農本草経」(しんのうほんぞうきょう)という書物には、「自然界で薬に使えるもの」として750種類の物質があげられていますが、そのうちの多くは植物なのです。
 古代の人々の植物活用方法を、そのまま現代に当てはめることはできないにしろ、アロマテラピーの根本をなす知恵は、人類の文明のスタートとともにあったといってもいいでしょう。

○西洋医学とアロマテラピー
 精油は医薬であり、芳香療法は医療であった。こう書くと驚かれる人もいるでしょう。しかし、西洋医学の祖として知られるヒポクラテスや、「マテリア・メディカ(薬物誌)」(さまぎまな事物を研究、分類した本で、600種類もの植物が取り上げられています)を著した医師・ディオスコリデスらが活躍したローマ時代から18世把にいたるまで、アロマテラピーは∃一ロッパで医学の重要な柱だったのです。
 薫香や浸剤(煎じて使う方法)が主体だった芳香利用の歴史の中で、大きな進歩の転機になったのは、11世妃のイブン・シーナ(アラビア人の哲学者・医学者)による精油蒸留法の確立でした。イブン・シーナが著した「医学典範(カノン)」は、その後長くヨーロッパの医科大学の教科書として使われ、精油とその応用方法は、中世ヨーロッパの修道院などで行われていた僧院医学さらには16世紀から盛んになったハーブ医学へと受け継がれ発展したのです。

○現代のアロマテラピー
 植物の芳香を利用する長い歴史からみると、「アロマテラピー」という言葉自体の誕生はずっと新しく、20世紀の到来を待たなくてはなりません。
 実験中に負った火傷がラベンダーの精油で回復したという自らの体験をきっかけに、精油の研究にのめり込んだフランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、1928年ころに名付けたのが「アロマテラピー」という造語なのです。
 ガットフォセが命名したころから、アロマテラピーは精油の殺菌、消炎など薬理作用を研究する医療的な色彩が濃くなっていきます。
 特にフランスではその傾向が強く、軍医として第二次世界大戦とインドシナ戦争に従軍した外科医ジャン・バルネは、精油から作った芳香薬剤で負傷者を治療した実体験をもとに「アロマテラピー」(邦訳「ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法」)を著し、多くの医師や薬剤師にその効果を伝えました。
 現代のアロマテラピーは、いわゆる近代西洋医学とは一線を画し、大自然の力を穏やかに活用する療法として発展していますが、その発展の過程は、マルクリットモーリー、ロバートティスランドという二人の人物の存在を抜きには語れません。
 マルクリット・モーリーは、精油を植物油に着駅してマッサージすることで身心のバランスを正常にするという方法論を示した生化学者で、彼女の著書「最も大切なもの…若さ」は、イギリスのアロマテラピーに多大な影響を与え、ホリスティツク(全体的な)・アロマテラピーのきっかけとなりました。
 一方のロバートティスランドは、モーリー夫人ら先人の理論や方法論を体系的にまとめあげた人物で、その著書「芳香療法・理論と実際」は、母国イギリスだけでなく、日本のアロマテラピー界発展にも大きな役割を果たしたのです。

(双葉社発行:日本アロマテラピー協会監修「アロマテラピーの資格を取るための本」より)