心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]

●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く



バジル Basil  

学 名 :Ocimum basilicum
生産地 :フィリピン
抽出方法と部位:水蒸気蒸留法、花先端と葉
主要成分:リナロール、ボルネオン、カンファー
作 用 :強壮、抗うつ、抗毒
ノート : トップノート
○ 香りの特徴
 フレッシュで、すがすがしいスパイシーな香り。
  気分をクリアにし、集中力を高めたいときに。

○ こころ に対するはたらき
 この精油は、とくに自分が精神的に弱っていると感じたときに神経を強壮にする強い力があります。そして、感覚を鋭敏にし、集中力を高めてくれます。これがヒステリーと神経障害を鎮めることは明らかですが、その一方で抑うつ症にたいして高掲効果をあらわします。

○ からだ に対するはたらき
 バジル油には、頭痛と片頭痛にたいしてトップクラスの効きめがあります。たぶん、これに頭脳明断化効果があるせいでしょう。これには、気絶したときに正気づかせ、一時的な麻痺をなおす働きがあります。またこれは鼻のポリープをとりのぞき、耳痛を解消させます。パジル油は、ストレス関連のアレルギー症をおさえ る副腎皮質に作用をおよぼしますので、アレルギーの発症を減少させる力があります。
 バジルの精油は気道に有益な働きを示すように思われますし、鼻づまり、喘息、気管支炎、気腫(組織に空気がたまりすぎること)、流感、百日ぜきの治療にもよく使用されます。カタル症状のせいで失われてしまった嗅覚を回復させる働きもします。
 この精油はまた、嘔吐、胃痙攣、吐き気、消化不良(上部消化管の不快感)、しゃっくりといった消化器の不調にも有効です。さらに、殺菌消毒作用があることから、大小腸と腎臓とを浄化します。
 バジル油にはエストロゲンホルモンに似た働きがあるので、少量月経、乳房の膨満のような月経上の障害に役立つことがよくあり、また後産をスピードアップしてくれます。受胎困難にも一定の効果が期待できます。
 この精油はスズメバチにさきれたとき、また一般に虫にさされたときに役に立ちます。きらに、カに食われることで媒介される血液のなかの寄生虫がひきおこすマラリアのような重症の熱病も好転させます。
 バジル油は、血液中の尿酸の量を最小限にするのを助け、痛風の痛みならびに筋肉痛全般を和らげます。またこれは血行を盛んにしますから、体の深部の筋肉の痙攣をなおすのに効きめがあります。

○ お肌 に対するはたらき
 この精油は、機能が不調で、うっ滞をおこした皮膚にたいしてリフレッシュ作用と強壮作用を発揮します。にきびをおきえるのにも役立ちます。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 クラリセージ油、サンダルウッド油、ゼラニウム油、ネロリ油、バーベナ油、ヒソップ油、ブラックペッバー油、ベルガモット油、マージョラム油、メリツサ油、ラベンダー油

○ 注意事項
 バジル油はふつう刺激効果を示しますが、用いすぎますと麻痺作用をおよぼします。これは通経作用がありますから、妊娠中には使用を避けるのがベストです。また、敏感肌の人びとの皮膚を刺激する可能性があります。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 バジルにはたくさん変種がありますが、これらはアジアと太平洋諸島の原産です。ひろい卵形の先がとがった緑色の葉をつけ、40センチほどの高さの茎の上にかわいらしく紫色や白色の花を咲かせます。夏には、ハチの群がこの植物のまわりをブンブン飛びまわります。バジルの精油は、北アフリカ、フランス、キプロス島、セーシェル諸島で生産されていますが、ヨーロッパ産のバジル油が最良品とされます。

○ 歴史と神話
 種小名の basilicum は「王」という意味のギリシャ語バシリコスから由来しています。このことばがヘビをさすラテン語の basilicus と混同されたことから、一時バジルに悪い評判が立ったりもしました。悪い魔術師たちは、二つの石の間でバジルをつぶせばサソリをつくりだせるなどと考えました。もっと分別のあるインドの民話では、バジルはクリシュナ神とビシヌー神に献げられたものとしており、これには人間を保護する性質があるとしていました。それどころか、インドの一部の部族はパジルの葉をかんで宗教的儀式に加り、霊感をえています。バジルはアユルベータ医学でひろく使用しているものです。
 中国人は何世紀もの間、これを有益な薬剤として愛用してきました。中国では、このバジルが癲癇を治療する力をもつという評判があるようです。バジルは第二次大戦中、スパイス類を手に入れるのがむずかしかったときに、とても人気を博しました。この精油は香水にも使われています。

○ 化学的な組成
 リナロール(アルコール)、ポルネオン、カンファー(ケトン類)、シネオール(酸化物)、メチルカビコール、オイゲノール(フェノール類)、オシメン、ピネン、シルベストレン(テルペン類)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】