心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]

●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




ベルガモット Bergamot  

学 名 :Citrus bergamia
生産地 :イタリア・シシリー島
抽出方法と部位:圧搾法、果皮
主要成分:酢酸リナリル、リモネン、シナロール
作 用 :緩和、高揚、消化器系機能亢進
ノート : トップノート
○ 香りの特徴
 柑橘系の爽快感をややフローラルにした甘い香り。
  心をクリアにし、明るい気分に。

○ こころ に対するはたらき
 この精油には、心を鎮静させるとともに高揚させる性質があり、不安症、抑うつ症、神経の緊張にすばらしい効きめがあります。冷却し、リフレッシュさせる特性がこれにあるために、交感神経系の活動を鎮めることによって、怒りの気持とフラストレーションとを和らげるように思います。

○ からだ に対するはたらき
 ベルガモット油は泌尿管系のとてもよい殺菌消毒剤なので、感染症と炎症に、主として膀胱炎にたいして有効です。
 また、これは消化管にもよい作用をおよぼし、消化困難、消化不良、鼓脹、疝痛、不消化による胃痛、食欲喪失といった症状を和らげます。腸内組織変質防止剤、感染抑止剤として非常な効果をあらわし、腸のなかの寄生虫を駆除し、胆石を著しく減少させます。食欲を順調にする力がありますので、食欲不振症の人びとに役に立つと思われます。
 さらに、呼吸困難、扁桃炎、気管支炎、肺結核を含む呼吸器系の感染症にも、この精油は役立ちます。口辺へルペス、水痘〔水ぼうそう)、帯状疱疹にも効果を示すことがよくあります。
 この精油は子宮の強壮作用があるところから、以前、性行為感染症をなおすのに使われたことがありました。
 これは、とてもよい昆虫忌避剤で、また植物にペットを近づけさせないためにも役立ってくれます。

○ お肌 に対するはたらき
 ベルガモット油には消毒作用と治癒作用がありますので、脂性肌に生じる症状に、とりわけそれがストレスと結びついている場合に、それをよくする力があるように思います。そうした症状には、湿疹、乾癬、にきび、疥癬、静脈瘤性潰瘍、創傷、疱疹、皮膚と頭皮との脂漏が含まれます。この精油とユーカリ油とを組みあわせると、皮膚の潰瘍にとても効きめがあります。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 イランイラン油、カモミール油、コリアンダー油、サイプレス油、ジャスミン油、ジュニバー油、ゼラニウム油、ネロリ油、パチュリー油、パルマローザ油、マージョラム油、ユーカリ油、ラベンダー油、レモン油

○ 注意事項
 ベルガモット油を使用したあとは、強い日光にあたるのを避けて下さい。これには、皮膚の光感作性を増大きせる作用があるからです。これは、ベルガプテンという化学成分のせいです。ベルガプテンは肌のタンニングを促し、日やけから皮膚を守ってはくれません。また、この精油は敏感肌を刺激することがあります。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 この植物は、飾りのようなきれいな花をつけるハーブで、やはり「ベルガモット」と呼ばれる Monarda didyma 〔タイマツバナ〕と混同しないで下さい。この Citrus bergamia という植物は木で、樹高2.7メートル強になり、長い緑の葉をつけ、白い花を咲かせます。果実は小さなオレンジのようで、表面にぶつぶつしたへこみがありますが、その形はセイヨウナシ型をしています。ベルガモット油はイタリアとモロッコで生産されます。ベルガモットの木は、カンキツ類すべてのなかでいちばんデリケートで、これが成長するには特別な気候と土壌が必要です。

○ 歴史と神話
 この精油の名前は、この木が最初に栽培されたイタリアの小都市ベルガモの名に由来しています。しかし、言い伝えによりますと、クリストファー・コロンブスがこの木をカナリア諸島で発見して、それをスペインとイタリアに導入したのだそうです。記録では、これがフィレンツェで1725年に使用されてからイタリアの民間療法でひろく使われるようになったとのことですが、これが国外に輸出されたのは、つい最近になってからのことです。
 ベルガモット油の安ものは、この未熟な落果を蒸溜してつくりますが、これはもっと高価なほんものの精油を偽和するのにときどき用いられます。また、ときにはこの木の葉も蒸溜され、オレンジの場合のプチグレン油と同様のものができます。ベルガモット油はあのアールグレイティーの独特のフレーバーをつけるのに使用します。この精油はアロマテラピーで気分を高揚させるその特性のためによく使います。抑うつ状態をなおすのにまっさきに選ばれるのは、これだろうと思います。これはたぶん、すべての香水で、とりわけオーデコロンでもっともひろく利用される成分の一つではないかと思います。

○ 化学的な組成
 リナロール、ネロール、テルピネオール(アルコール類)、酢酸リナリル(エステル)、ベルガプテン(ラクトン)、ジペンテン、リモネン(テルペン類)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】