心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]
●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




ユーカリ(ラディアータ) Eucalyptus radiata 12ml  

学 名 :Eucalyptus radiata
生産地 :オーストラリア
抽出方法と部位:水蒸気蒸留法、葉
主要成分:1・8ーシネオール、αーピネン、フェランドレン
作 用 :消炎、去痰、抗菌
ノート : トップノート
○ 香りの特徴
 ユーカリ グロブラスよりシャープで、ほのかに甘い香り。
  頭をリフレッシュさせ、爽快な気分に。

○ こころ に対するはたらき
 ユーカリ油は情緒にたいして冷却作用を示します。また、頭脳を明晰にし、精神を集中するのを助けます。

○ からだ に対するはたらき
 この精油には抗ウイルス作用があることから、これは気道に効果を発揮し、炎症を緩和し、粘膜の症状を和らげます。とくに、流感、咽喉感染症、せき、カタル症状、副鼻腔炎、喘息、肺結核に有効です。かぜと花粉アレルギー症による鼻づまりを解消しますので、頭脳を明晰にします。各種の感染症に卓効があります。
 さまざまなタイプの熱病に効き、体温を下げ、体にたいして冷却作用、デオドラント作用をあらわします。片頭痛の苦痛を和らげる力があり、また猩紅熱、赤痢、チフス、ジフテリア、マラリアおよぴ水痘〔水ぼうそう)に役立つという評判があります。
 ユーカリ油は性尿器系に効果を発揮して、膀胱炎や下痢のような障害をなおします。胆石を溶解させる力があると思われ、また腎炎、淋病、糖尿症を治療するのに使われてきました。出血にも有効だといわれています。
 この精油はリウマチにも一定の効きめがあります。とりわけ、これをレモン油とジュニパー油とにまぜて用いると効果があるといいます。これは筋肉痛全般に、また神経痛、膿漏にも役立ってくれます。
 虫さされや、そのほかいろいろな有毒な動物の咬傷にたいして、それらの毒を解毒する作用があるといわれます。

○ お肌 に対するはたらき
 疱疹のような発疹に効きめがあるのは確かですし、また、やけどに有効で、細菌の増殖を防ぎ、膿の形成を抑制して、新しい組織ができるのを助けます。切り傷、各種の創傷、潰瘍、炎症もこれに好反応を示します。皮膚のうっ血もなおします。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 安息香油、コリアンダー油、ジュニパー油、タイム油、パイン油、メリッサ油、ラペンダー油、レモン油、レモングラス油

○ 注意事項
 ユーカリ油はとても強力な精油ですから、用量によく注意することです。高血圧症の人や癲癇を病む人は使用を避けるのがベストです。また、この精油はホメオパシーの薬剤を解毒してしまう可能性があります。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 オーストラリアンガムトリーともいわれるユーカリノキは、圧倒的な高さにまで生長します。その樹高は90メートル以上にまでなり、偃月刀の形をした丈夫な葉をつけます。この木はマラリアが流行する国々で生育する傾向があり、土地の水はけをよくしてより健康な風土を生みだすのに役立っています。ユーカリの精油は、オーストラリアの植物相で優位を占める数種類のユーカリノキから抽出きれています。標記のグロブルス種のほかのものとしては、 E. polybractrea E. dumosa E. radiate などがあります。この最後のものは、さらに冷却特性が著しく、いっそうカンファー臭が強烈です。 E. maculata と E. citriodora は、カンキツ様の芳香を放つ傾向があります。

○ 歴史と神話
 属名の Eucalyptus は、「エウ」と「カリュプトー」というギリシャ語からきています。これは、この植物のおおわれた雄しべをさしたものです。オーストラリアの原住民はこれを「キノ」と呼んで、重い創傷のまわりをこの葉で包帯しました。ユーカリノキは1788年前後に装飾の用途でヨーロッパに導入されました。そして、この木は土のなかに有毒な化学物質を分泌して、自分の周囲に生えているほかの植物の生長を阻害することがわかりました。はじめてイギリス本国にむけて輸出きれたユーカリ油は、 E. piperita から抽出されたものでした。この精油は、消化器の病気を好転させる作用があったことから、シドニーペパーミントと いう名前で有名になりました。

○ 化学的な組成
 シトロネラール(アルデヒド)、シネオール(酸化物)、カンフェン、フェンケン、フェランドレン、ピネン(テルペン類)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】