心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]
●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




ゼラニウム Geranium 12ml  

学 名 :Pelargonium graveolens
生産地 :レユニオン島、モロッコ
抽出方法と部位:水蒸気蒸留法、全草
主要成分:シトロネロール、ゲラニオール、リナロール
作 用 :緩和、高揚、内分泌系調整
ノート : ミドルノート
○ 香りの特徴
 甘美で優雅な芳ばしいフローラルの香り。
  気持ちのバランスを整え、くつろいだ気分に。

○ こころ に対するはたらき
 ゼラニウム油は神経系の強壮剤になり、不安と抑うつを鎮め、精神を明るく高揚させます。心のバランスをとりもどさせ、副腎皮質にたいする作用を通してストレスを減少させてくれます。

○ からだ に対するはたらき
 ゼラニウム油にはホルモン系の働きを正常にする機能があるところから、月経前緊張症と、抑うつ症や膣からの分泌物の欠如や重い月経などといった更年期の各種の障害に役立ちます。乳房の炎症とうっ滞にも有益だといわれています。
 この精油には利尿特性がありますから、体全体の排せつがうまくいかず、体内に滞留が生じたときに非常に効果的です。肝臓と腎臓との双方に強壮作相を示しますので、体から毒素を排出するのに役立ちます。これは何かの常用癖から人を救うための出発点になる場合があります。また、これは黄疸、腎臓結石、胆石、糖尿病、尿路のいろいろな感染症なども好転させます。そして一般に、体内で体液が滞留するのを防ぎ、くるぶしがむくむのを予防するうえで有効です。
 ゼラニウム油には、感染症をよせつけないようにするとともに老廃物をうまく処理してくれるリンパ系を刺激する作用があります。この精油はきらに、循環系にたいして強壮効果を発揮し、体液の粘性を低下させて流れやすくします。
 ゼラニウム油は、咽喉と口腔の各種の感染症に効果があります(このあまい芳香が気に入るならば、ですが)。これには痛みを鎮める特性があるので、神経痛を和らげるのにも有益です。
 またこれは、芳香のある昆虫忌避剤になります。

○ お肌 に対するはたらき
 ゼラニウム油は、皮脂、すなわち肌をしなやかに保つ皮脂腺からの油脂の分泌のバランスをとるところから、すべてのタイプの肌の状態に役に立ちます。湿疹、やけど、帯状泡疹、砲疹、白疇、しもやけも、これに好反応を示します。また、機能が鈍化した肌、うっ滞を生した肌、脂性肌にもよく、肌全体の浄化剤になります。
 ゼラニウム油は血液の流れを改善しますから、色の冴えない肌の血色をよくします。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 アンジエリカ油、オレンジ油、キヤロットシード油、クラリセージ油、グレープフルーツ油、サンダルウッド油、シダーウッド油、シトロネラ油、ジャスミン油、ネロリ油、バジル油、プチグレン油、ベルガモット油、ライム油、ラベンダー油、ローズマリー油、ローレル油

○ 注意事項
 この精油は敏感な肌に刺激をおよぼすことがあります。これはホルモン系の働きを規則的にする作用を示しますから、これを妊娠中に使うのはよい考えとはいえません。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 生垣によく見られるこの魅力的な植物は、60センチ強にまで生長し、へりがぎざぎざして、先がとがった葉をつけ、小さなピンク色の花を咲かせます。この精油は、フランス、レユニオン、スペイン、モロッコ、エジプト、イタリアでよく生産されます。この植物の精油をゼラニウム油と呼ぶのは、じつは誤称です。この精油は実際にはペラルゴニウム〔テンジクアオイ属〕から由来するもので、ゼラニウム〔フウロソウ属〕の草本を基原とするものではないからです。 P. odorantissimun はかすかにリンゴのような香りを放つ場合がありますが、 P. graveolens はバラの芳香を発します。

○ 歴史と神話
 ニオイテンジクアオイは、以前、すばらしい治癒力をもつ植物とみなされたことがあり、これが創傷、腫瘍、骨折の薬としてよく使用されました。それどころか、何世紀もの間、人びとはこの植物の力を信じて家のまわりにこれを植えて、悪霊を家によせつけないようにしたほどです。
 19世紀初頭に、フランス人がゼラニウム油の商業的な生産をはじめました。でも、今日ではこの精油の大半はかつてブルボン島と呼ばれた、南西インド洋上に浮かぶ香りの島、レユニオン島で生産きれています。いちばんはじめにこの用途に使われた種顆は、 P. capitatun ではなかったかと思います。これは比較的小型の種顆で、高いパーセンテージで精油を産出する植物です。これは、いまでも野生しています。今世紀はしめに、モロッコがレユニオンと競ってゼラニウム油の生産を開始しました。この芳香は香水と石けんによく用いられ、また非常に多くの芳香を模造するのに使用されています。

○ 化学的な組成
 ゲラニル酸(酸)、ゲラニオール、シトロネロール、リナロール、ミルテノール、テルピネオール(アルコール類)、シトラール(アルデヒド)、メントン(ケトン「オイゲノール(フェノール)、サピネン(テルペン)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】