心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]
●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




グレープフルーツ Grapefruit 12ml  

学 名 :Salvia sclarea
生産地 :アメリカ
抽出方法と部位:圧搾法、果皮
主要成分:リモネン、ヌートカトン
作 用 : 緩和、消化器系機能亢進、抗菌
ノート : トップノート?
○ 香りの特徴
 甘酸っぱくみずみずしい柑橘系の香り。気持ちを静め、
 スッキリとした気分に。

○ こころ に対するはたらき
 この精油には全般的な高揚効果、賦活効果がありますので、ストレス状態にあるときに価値を発揮します。これには躁うつ症状を安定化させるという評判があるところから、中枢神経系のバランスをとる作用を示すものと考えられます。また、この精油は人に幸福感を与え、かるい催眠効果をあらわすといいます。

○ からだ に対するはたらき
 グレープフルーツ油はリンパ系を刺激し、組織細胞に栄養を与ぇ、体液の流動化のプロセスをコントロールします。この精油は肥満と体内の水分滞留との解消に効きめがあり、利尿特性があることからセリュライトを好転させるのにも役立ちます。体重を減少させるための食生活の一助として、これは胆汁の分泌を刺激して脂肪の消化を促します。
 しかし、これは食欲刺激剤にもなりますから、消化のバランスをとり、それをげんきづけるのにも処方されます。この精油には腎臓と脈管系を浄化する作用があるといわれるので、薬剤の投与を中止する場合に助けになるでしょう。また、これには溶解特性がありますから、胆石を溶かすことができます。さらに、これは肝臓の強壮剤にもなるともいいます。
 グレープフルーツ油は片頭痛、月経前緊張症、妊娠中の不快感をなおすといわれることから、体にたいして緩和効果を発揮するように思います。この精油はまた、ジェットラグ〔長い空路をジェット機で行く旅客の心身の特別な疲労〕の症状の一部、すなわち頭痛と疲れをかるくすることができるようです。
 これは、耳の各種感染症のあとにバランスを回復させるのを助けてくれます。

○ お肌 に対するはたらき


○ ブレンドしてよくあうオイル
 イランイラン油、カモミール油、シダーウッド油、シトロネラ油、ジャスミン油、ゼラニウム油、乳香油、バジル油、バラ油、パルマローザ油、ベルガモット油、ラベンダー油、ローズウッド油

○ 注意事項
 グレープフルーツ油を使ってトリートメントをしたあと強い日光にあたると、皮膚が刺激されることがあります。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 グレープフルーツはつやのある葉をつけ、白い花を咲かせ、黄色の果突を実らせる木です。この果実は、末端が平らになったブドウの大きな房のような姿で木にぶらさがっています。この植物の精油の分泌腺は果皮のなかにふかくうまっており、オレンジ、レモンとくらべると精油の収量は少ないのです。グレープフルーツ油のなかには水蒸気蒸溜法で抽出されるものもありますが、圧搾法で抽出したものと比較すると明らかに質が落ちます。この精油は大部分、イスラエル、ブラジル、アメリカ合衆国で生産されています。

○ 歴史と神話
 グレープフルーツの原産地はアジアですが、これは地中海地方で装飾用の樹木としてよく栽培されています。この木はオレンジの雑種の一つから生じたものといわれます。この果樹は18世紀のいつごろか、西インド諸島ではじめて栽培されたという説もあります。それからこの果実は「シャドックフルーツ」という名で 呼ばれるようになりました。これは、イギリスのシャドック船長がこの果実をこの地域に導入してからだということは確かです。この精油が最初に商業的に生産されたのは1930年ごろのフロリダでした。いらい、アメリカ合衆国がグレープフルーツ油の最大の供給国になっています。この精油は食品、化粧品、香水の成分としてひろく使用されます。

○ 化学的な組成
 ゲラニオール、リナロール(アルコール顆)、シトラール(アルデヒド)、リモネン、ピネン(テルペン類)

【 香りでやせる !? 】特別編

 資生堂は16日、グレープフルーツなどの香りに、体内の中性脂肪を燃やし、やせる効果があるという理論を発表した。(中略)
 資生堂の研究結果によると、4種類の香料の香りを嗅ぐと、中性脂肪を構成する脂肪酸を燃やし、中性脂肪を減らす体内物質が多く作られることが分かった。実験では、成人女性20人を対象に、1ヶ月間に1日1回のペースで、この成分を含むボディーローションを使ってもらった結果、8割にあたる16人の体重が減ったり、ウエストが引き締まる効果があった。このうち5人は2キロ以上体重が減ったという。(後略)

読売新聞 2002年1月17日朝刊11面


グレープフルーツはリラックス効果が高く、気分転換にもうってつけの香りです。
 仕事の合間にハンカチにちょっと落としておいた香りを嗅ぐだけで、“リラックス&リフレッシュ”でき、おまけに“ダイエット”までできるのですから、これは【買い】ですね。


※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】