心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]
●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




ジュニパー Juniper 12ml  

学 名:Juniperus communis
生産地 :ユーゴスラビア
抽出方法と部位 :水蒸気蒸留法、木の実
主要成分:αーピネン、ミルセン、サビネン
作 用 : 利尿、抗菌、鎮痛
ノート : ミドルノート
○ 香りの特徴
 松葉のような、心にスッとしみこむような香り。
  森林浴の深いリラックス感を楽しめます。

○ こころ に対するはたらき
 ジュニパー油は、神経を明敏にし、刺激して強化します。この精油はあたりの空気を浄化し、精神をものごとにチャレンジできる状態に保ちます。他人を「助ける」職業についている人びとにとっては、これがたぶん恵みになるのではないかと思います。

○ からだ に対するはたらき
 ジユニバー油は、利尿剤としてきわめて有効で、性尿路の殺菌消毒剤になり、膀胱炎、有痛排尿困難、腎臓結石にその価値を発揮します。前立腺が肥大したときに、排尿を助けるのに役立ってくれます。セリュライト、水腫、体液滞留もこれで正常にすることができます。
 この精油は解毒特性があることで有名で、体内の毒素をとりきるのに、とりわけアルコール飲料を飲みすぎたり、こってりした食物をとりすぎたりしたときに生じるそうした毒性物質を排出するのに有益です。これは腸内から粘液を一掃し、痔疾にも効果をあらわします。ジュニパー油は消化器系全体に益をもたらし、食欲を正常化し、肥満の解消にも役に立つ場合があります。この精油は肝臓の強壮薬になり、肝硬変にも効果を示すことがわかって います。
 これはまた、体内に老廃物をかかえこみすぎているしるしとして、体がひどく不活発で眠くて困るといったときに、体を刺激する働きもします。ジュニパー油を使って足浴をしますと、体内の老廃物滞留を一部解消できます。これには血液を浄化して毒素を排出する力があることから、病気を運ぶ昆虫がたくさんいる場所で有益です。
 ジュニパー油は尿酸を排せつするのを助けますので、関節炎、リウマチ、痛風、座骨神経痛の場合に役立ってくれます。またこれは一般に手足を強化し、手足を動かすのが困難だったり、その動きがこわばっていたりするときに、その痛みを和らげるのを助けます。
 ジュニパー油はまた、月経の周期を正すように働き、月経を正常化し、痛い痙縮を緩和させます。安全に出産するのを助ける力もあるといいます。

○ お肌 に対するはたらき
 ジュニパー油は、脂性肌、うっ滞が生じている肌にたいする強壮剤で、頭皮の脂漏症状にも効きます。この精油には浄化特性がありますから、にきぴ、毛孔のつまり、皮膚炎、侵出性の湿疹、乾癬、腫脹の各症状を好転させます。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 安息香油、オレンジ油、グレープフルーツ油、サイプレス油、サンダルウッド油、ゼラニウム油、乳香油、ベルガモット油、メリッサ油、ライム油、レモングラス油、ローズマリー油

○ 注意事項
 ジュニパー油を長期にわたって使用しますと、腎臓を過度に刺激してしまう可能性があります。腎臓に重い障害があるときや、体に各種の炎症をおこしている場合には、この精油を避けるべきであることは確かです。これは通経剤でもありますから、妊娠中は避けるのがベストです。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 ジュニパーは常緑低木で、栽培されているものは丈が1.8メートルほどですが、スカンジナビアの原野に生育しているものは、それにさらに9メートルをプラスした樹高にまで生長します。ジュニパーは世界の各地で見られますが、この木は極地のような気象条件のもとでも容易に育ちます。幹は赤みがかっており、葉は 針のような形で、小さな黄色の花を咲かせ、青色または黒色の液果を実らせます。この精油は、ハンガリー、フランス、イタリア、ユーゴ、カナダの各国で生産されています。

○ 歴史と神話
 ジュニパーは、コレラや腸チフスのような多くの伝染病に大きな医療上の役割を演じてきました。これはチベットで疫病から人びとを守りましたし、ギリシャ、ローマ、アラブ世界の医師たちはこの消毒特性を賞揚しました。モンゴルでは、出産がはじまった女性にこれを与えました。15世紀、16世紀の薬草学の専門家たちは、ジュニパーが疫病に効果があるだけでなく、咬傷の治療にも役立つとしてこれを高く評価しました。まことにおもしろいのは、ケルト語の juniperus ということばは「不快な刺激がある」とか「かみつくこと」とかといった意味があることです。
 フランスの病院では、長い間、ジュニパーとローズマリーとの小枝をたいて病棟の空気を浄化していました。また、ユーゴではジュニパーは万能薬と考えられていました。以前は、これが糖尿病を軽快させると思われていました。ジュニパーには疲労した精神をリフレッシュさせる力がありますが、旧約聖書では預言者エリヤが疲れきつてジュニパー樹のもとで眠ったことを記したくだりで、このことが暗示きれています(列王紀19:4,5)。また、これがジンの成分として有名なことは申すまでもありません。

○ 化学的な組成
 ポルネオール、テルピネオール(アルコール類)、カジネン、セドレン(セスキテルペン類)、カンフェン、ミルセン、ピネン、サビネン(テルペン類)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】