心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]
●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




ラベンダー Lavender  12ml  

学 名 :Lavandula angustifolia
生産地 :フランス
抽出方法と部位:水蒸気蒸留法、花と葉
主要成分:酢酸リナリル、リナロール、ラバンデュロール、リモネン
作 用 :鎮静、鎮痙、消炎、鎮痛、生体リズム調整
ノート : トップノート
○ 香りの特徴

   フローラルで優しい、洗練された香り。
   緊張をときほぐし、気分を穏やかに。穏やかに。

○ こころ に対するはたらき
 ルドルフ・シュタイナー〔1861〜1925 ドイツの哲学者・思想家で独自の世界観「人智学」を唱え、広範な精神運動を創始した人物〕は、ラベンダーは物質体、エーテル体、アストラル体の三つを安定化させるとし、心理学的な不調をいやす効果をこれが示すと唱えました。この精油は、怒りを和らげ疲労困憊を回復させることによって、人生にいっそう穏やかにアプローチできるようにしてくれ、精神を浄化するとともにこれを緩和させるように思います。これには中枢神経系のバランスをとる作用がありますから、躁うつ症的な状態のときにその価値を発揮します。

○ からだ に対するはたらき
 ラベンダー油は心臓を鎮静させる作用があることから、高い血圧を下げ、心柏を鎮めます。また、これが不眠症を効果的になおすことは長い間知られてきました。
 この精油には痛みを和らげる特性があるために、筋肉の痙縮をなおすのに有効です。これに関連して、捻挫、筋ちがい、リウマチの鋭い痛みにも効きめがあります。ラベンダー油をマージョラム油とブレンドすると、効能がいちだんと高まります。
 これは呼吸器系に有益で、気管支炎、喘息、カタル、かぜ、喉頭炎およぴ咽喉の各程の感染症のような障害に効きめがあります。また、この精油は結核の影響を減少させ、その抗ウイルス特性のために感染症にかかりにくくさせます。
 ラベンダー油は、少量月経や月経痛のような月経上の障害、さらに白帯下に役立ちます。この精油は出産に有益で、苦痛を減らし、分娩をスピードアップします。これで下背部をマッサージすれば、後産を促進できます。

○ お肌 に対するはたらき
 ラベンダー油には新しい細胞の成長を促すとともに皮脂の分泌のバランスをとる効果を示す作用がありますので、大半の肌の状態に価値を発揮します。この精油はやけどと日やけのしすぎをなおす力で有名です。また、にきび、湿疹、乾癬にも役立ちます。さらに、これは膿瘍、おでき、よう(磯)を治癒する働きがあり、 真菌の増殖、腫脹、瘢痕、壊疸性創傷をいずれも最小限におきえるともいいます。また、これは効果的なヘアトニックになります。脱毛症の際に役立ってくれるものと思います。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 オレンジ油、カモミール油、クラリセージ油、シトロネラ油、ジャスミン油、ゼラニウム油、タイム油、ナツメグ油、パイン油、パチェリー油、ベルガモット油、マンダリン油、レモン油、ローズマリー油、ローレル油

○ 注意事項
 低血庄症の人びとのなかには、ラベンダー油を使用したあと、少し感覚が鈍化して眠くなってしまう人もいます。また、この精油は通経剤なので、妊娠の初期の数カ月の間はこれを使うのを避けるのがベストです。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 地中海地方に野生しているこのすばらしい植物には、かなり多数の種類があります。そのうちで、 L. officinalis がもっとも香りがよいといいます。小さな紫色または青色の花々は星形をした毛でおおわれており、葉は細く、グレーないし緑色をしています。これはイギリス、フランス、ユーゴで広範に栽培されています。

○ 歴史と神話
 ラベンダー油はアロマテラピーでもっともひろく使用される精油の一つで、この植物は非常に古いむかしから治療に使われています。ラベンダーのサシェを肌着を収納する引出しに入れて、「ガ」やそのほかの昆虫をよせつけをいようにすることが、何百年もの間行われました。この植物の殺虫特性は知らない人はいないほど有名です。また、ローマ人はラベンダーの消毒作用を尊び、これを浴槽に入れて沐浴し、創傷をこれで洗いました。実際、英名のラベンダーのもとになったラテン語 lavare は、「洗う」という意味です。むかしは、かるい癲癇もこれでなおるといわれていました。
 ラベンダー水はエリザベス朝、スチェアート朝時代に人気が高かったもので、これはチャールズ一世の妻、マリア・ヘンリエッタ妃のお気に入りの香水でした。サリー州のミッチヤム付近では長いことイングリッシュラベンダー〔 L. officinalis 〕が栽培されていましたが、現在ではノーフォーク地方にひろくこれが植えられています。今世紀初頭、フランスの化学者ガットフォセはまったく偶然にラベンダー油の驚くべき皮膚治癒特性を発見しました。

○ 化学的な組成
 ポルネオール、ゲラニオール、ラバンドウロール、リナロール(アルコール)、酢酸ゲラニル、酢酸ラバンドウリル、酢酸リナリル(エステル類)、シネオール(酸化物)、カリオフィレン(セスキテルペン)、リモネン、ピネン(テルペン類)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】