心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]
●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




マージョラム Marjoram 12ml  

学 名 :Thymus mastichina
生産地 :スペイン
抽出方法と部位:水蒸気蒸留法、葉
主要成分:テルピネンー4ーオル、シスーサビネンハイドレイト
作 用 :制淫、緩和、強心、鎮静
ノート : ミドルノート
○ 香りの特徴
 優しくしみとおるような温かみのある香り。
  気持ちを鎮め、心地よい安らぎを。

○ こころ に対するはたらき
 この精油は、神経系を鎮静する効果を示し、不安、ストレスの影響を緩和します。ことによってはもっと根のふかい精神的外傷からも人を救ってくれるのではないかと思います。これは人の心を強くし、問題に直面するのを助けます。悲しみや孤独感に襲われたとき、気持をらくにしてくれます。それは、マージョラム油には情緒を温める作用があるためです。行動過剰〔落ちつきがなく、注意を集中させることが困難で、衝動的、自己抑制がきかないをどの行動パターンを示すこと〕の人びとにとてもよい効きめを発揮します。

○ からだ に対するはたらき
 多くのさまざまなかたちで健康を増進する、ほんとうに役に立つ精油です。これは筋肉痛にとくに有効です。とりわけ消化障害と関連している可能性がある下背痛と月経上の不調に効果を示します。
 また、マージョラム油は各種のリウマチ痛、関節の腫脹にも効きます。とくに、患部に冷たい感じ、こわばった感じがあるときに有効です。それは、この精油に血液循環を活発にする作用があるからです。これは動脈と毛細血管とを拡張し、血液を流れやすくして、気持がよく温かいという感じをもたせてくれます。スポーツをしたあとのすりこみ剤としても有益です。
 マージョラム油は心臓の強壮剤としてすぐれており、高い血圧を下げるように思います。体全体をリラックスさせる効果があるために、頭痛、片頭痛、不眠症に役立ちます。
 この精油に消化器系の不調を和らげる作用があることは有名です。これは胃痙攣、消化不良、便秘、鼓脹に有益ですし、体が毒素を排出するのを助けることもできます。船酔いにも効果があるでしょう。
 マージョラム油は胸部のいろいろな感染症、かぜ、副鼻腔炎、気管支炎および喘息に効果を発揮すると思います。かぜのときに頭をすっきりさせるのを助けてくれ、気管がつまって苦しい気分を軽減させてくれます。
 この精油は月経の周期を規則的にし、月経痛を和らげるのに役立ちます。しかし、これには性欲を鎮めてしまうという評判もあります。

○ お肌 に対するはたらき
 マージョラム油には血液の流れをよくする力があるところから、これは挫傷のあとを散らすのに価値を発揮します。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 イランイラン油、オレンジ油、カモミール油、サイプレス油、シダーウッド油、ナツメグ油、ベルガモット油、マンダリン油、ラペンダー油、ローズウッド油、ローズマリー油

○ 注意事項
 マージョラム油を長時間用いますと、眠気をおこさせます。また、妊娠中はこの精油を避けるのがベストです。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 歴史と神話
 マージョラムは、古代ギリシャ人たちにとって、とてもよく知られ、ひろく使用された薬草でした。ギリシャ人は痙縮がおきたり組織に体液がたまりすぎたりしたときに、これを使って症状をなおしました。そしてまた、このハーブを効きめの強い解毒剤だとも考えていました。ギリシャ語でこの植物を「オロスガノス」といいますが、これは「山の喜び」という意味です。これはまことにこの植物にぴったりした名前だと思います。それは、このハーブが新婚夫婦にその幸福を祈って贈られたものだったからです。でも、その一方でこれは墓地にも植えて、亡くなった人の魂に平安をもたらす助けにもしました。
 種小名の majorana の major という接頭辞は「より大きい」ということで、これは生命をのばす意味だとされました。イギリスではスチュアート朝時代に、あまい香りの小さい花束にマージョラムも用いられて、不快なにおいをマスクするのに役立てられました。マージョラムはさらに、芳香水にもちょっと使用されました。もっと時代が下って、これが嗅ぎたばことピッツァにも使われたのは、もういうまでもないでしょう。

○ 化学的な組成
 ポルネオール、ゲラニオール、ラバンドウロール、リナロール(アルコール)、酢酸ゲラニル、酢酸ラバンドウリル、酢酸リナリル(エステル類)、シネオール(酸化物)、カリオフィレン(セスキテルペン)、リモネン、ピネン(テルペン類)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】