心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]
●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




バラ(ローズ) Rose 2ml  

学 名 :Rosa centifolia
生産地 :モロッコ
抽出方法と部位:溶剤抽出法、花弁
主要成分:シトロネロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコール
作 用 :緩和、高揚、内分泌系調整
ノート : ミドル〜ベースノート
○ 香りの特徴
 香りの女王にふさわしい甘美で優雅な香り。
  幸福感を与え、ゴージャスな気分に。

○ こころ に対するはたらき
 バラ油は情緒にたいして緩和作用を示し、とくに抑うつ、悲嘆、嫉妬、憎みといった感情をほぐすのに効果があります。心を明るく高揚させ、神経の緊張とストレスを和らげます。これがとりわけ女性的な精油であることは確かで、女性に自分自身にたいする肯定的な感情を抱かせます。

○ からだ に対するはたらき
 バラ油は子宮のきわめてよい強壮剤になり、月経前緊張症を鎮め、膣からの分泌を促し、月経周期を正常化きせます。これは、男性側の不妊症にも、精液を増加させる働きを通じて有益な効果をもたらすものと思われます。この精油は性的な障害を、とくに冷感症とインポテンツをそれぞれ好転させます。これは、そうした症状の根底にある緊張とストレスとを、「幸福感をもたらす」ホルモンであるドーパミンを放出させることによつて緩和させるからです。
 バラ油は、純化した血液循環を活発にし、心臓の充血を緩和きせ、毛細血管を強化することによって、心臓を強壮にする作用を発揮するように思います。
 この精油は、情緒が動揺混乱した際に胃のバランスをとり、それを強化するとともに、その消毒作用と緩下作用とを通じて消化管を浄化するのを助けます。これはまた、吐き気、嘔吐、便秘をある程度まで改善します。
 古代ローマ人は、二日酔いにバラの効果を珍重しました。これはたぶん、バラに体内を浄化し毒素(過度のアルコールが肝臓にうっ滞していることはいうまでもないでしょう)を排出する働きがあったためだろうと考えられます。バラ油は黄疸のときにも役に立ちます。
 この精油が咽喉痛を和らげ、せきを鎮める作用を示すことは確かです。

○ お肌 に対するはたらき
 バラ油はすべての肌質タイプに有益ですが、とくに老化肌、乾燥肌、硬化肌、敏感肌に効果があります。この精油には強壮・緩和の両特性がありますので、炎症に有効ですし、また毛細血管を収縮させる作何があることから、毛細血管が破れたときの治療にその価値を発揮します。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 オレンジ油、カモミール油、ガルバナム油、クラリセージ油、サンダルウッド油、ジャスミン油、ゼラニウム油、ネロリ油、パチュリー油、パルマローザ油、ベルガモット油、ラベンダー油

○ 注意事項
 この精油には通経作用があるので、妊娠中は避けるのがベストです。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 バラの香りは、何世紀にもわたって人びとが非常に好んできたもので、バラの精油は主としてモロッコ、トルコ、フランスで生産されています。ダマスクローズ油は「ローズオットー」という名称でも有名です。これはブルガリア産です。バラは山岳地帯で栽培され、朝露があがった直後につみとってすぐに蒸溜する必要があります。こうすると収油量が最大になるのです。アンフルラージユ〔冷浸法〕を行うと、さらに多量の精油がとれます。この場合、これを「アブソリュート」といいます。

○ 歴史と神話
 水蒸気蒸溜法は、10世紀のアラブの医師アウィケンナが発明したとされていますが、バラはこれで最初に蒸溜するのに使用された植物ではをいかと思われます。バラは東方世界で非常に人気のある植物で、ペルシャの戦士たちは赤いバラで自分の盾を飾りました。トルコ人はブルガリアを征服して、17世紀にこの地にバラを導人しました。  バラは長い間、愛と清純さとの象徴でした。結婚式ではバラの花びらをまきちらして、結婚が幸せなものになるように保証しました。バラはたぶん、瞑想と祈りを助けるものだったのでしょう。といいますのは、伝説によると、聖ドミニクス〔1170〜1221。スペイン生まれのドミニコ修道会の創立者〕は幻視状態にあったときに聖母マリアの訪れをうけ、最初のロザリオ〔数珠〕を授けられましたが、その数珠の玉の一つ一つがバラの香りを発していたからです。仏教徒とイスラム教徒も、それぞれ一種のロザリオを使っています。  レッドローズ( R. gallica )は「薬種屋のバラ」という別称がありますが、これは中性のころ、肺の各種疾患と喘息をなおすのに香膏のかたちで用いられました。エリザベス朝時代には、香りをつけた食品が大流行しましたが、このときバラの芳香はとくに人気を呼びました。第二次世界大戦中にはビタミンCの供給が不足しましたが、ローズヒップ〔バラの果実〕がそれに代用されました。一九世紀には、フランスのバラ産業が急激な発展をとげ、それいらいバラ油は香水と石けんの成分としてポピュラーなものになっています。

○ 化学的な組成
 ゲラン酸(酸)、シトロネロール、ゲラニオール、ファルネソール、ネロール(アルコール類)、オイゲノール(フェノール)、ミルセン(テルペン)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】