心と身体の健康館 香りでやさしく癒します
マギーティスランドの
エッセンシャルオイル
【さわやか21】のエッセンシャルオイルは、[10%OFF]&[ポイントつき]

●さわやか21のアロマコンテンツ
 初めての方も安心・簡単アロマの世界


アロマテラピーの基礎
エッセンシャルオイルの楽しみ方
  (簡単プチアロマ)
ハウツー・マッサージ
特集・媚薬と呼ばれたハーブたち


今のあなたに合った香りを
【アロマレシピ】
の中から選んで下さいね。

●アロマレシピ こころ 編
リラックスしたい時に
眠りにつきたい時に
リフレッシュしたい時に
仕事に勉強に集中したい時に
2人で愛を深めたい時に
トキメキたい!恋をしたい!の時に
不安、心配、焦燥感・気持ちが落ち着かない時に
恋の悩みで、落ち込んでいる時に
落ち込んで、ちょっとブルーな気分の時に
無気力・無感動 五月病にかかった時に
心がパニック&ショック状態!の時に
緊張をほぐしたい時に

●アロマレシピ からだ 編
虫さされ&虫よけ対策に
食欲不振のときに
夏バテしてしまった時に
筋肉痛になった時に
乗り物酔い&時差ボケの時に
疲れ目・ドライアイの時に
食べ過ぎで胃が苦しい時に
冷え症で辛い時に
咳・声・のど、鼻づまりに
お肌の乾燥にによる“かゆみ”に
しもやけになった時に
花粉症でつらい時に

火も水も使わないから
安心・安全の電気式芳香器

芳香浴

ボルクン゙
pink


湯船に数的落とすだけ
あっという間に アロマバス

カンジダ性膣炎には、
ティートリーで腰湯・半身浴 カンジダ性膣炎には、ティートリーで半身浴がおすすめです

をおすすめします。
3から5滴を落としてよくかき混ぜて、ゆっくりつかりましょう。


アロマのチカラで女を磨く




カモミル(ローマン) Roman camomile        

学 名 :Anthemis nobilis
生産地 :フランス
抽出方法と部位:水蒸気蒸留法、花
主要成分:アンゲリカ酸エステル、チグリン酸エステル
作 用 : 鎮静、緩和、鎮痙、抗アレルギー
ノート : ミドルノート
○ 香りの特徴
 青リンゴを感じさせる、ほのかに甘い優しい香り。
 くつろぎのある、安らいだ気分に。

○ こころ に対するはたらき
 カモミール油は不安、緊張、怒り、恐怖の念を和らげる非常に緩和力の強い精油です。リラクセーションを促し、忍耐心と平和を与え、気苦労をかるくしてくれます。心を鎮静させ、また不眠症にもしぼしば役に立ちます。

○ からだ に対するはたらき
 この精油には鎮痛作用があり、鈍い筋肉痛にたいして、とくにそれが神経の状態と関連しているときに役立ちます。また、下背痛もこれに好反応を示します。同様に、これは頭痛、片頭痛、神経痛、歯痛、耳痛にも効果があります。
 カモミール油は月経の各種の障害に有効です。これには月経周期を整え、月経痛を和らげる力があるためです。また、月経前の緊張と更年期のせいで生じるいろいろな過敏さを鎮めるのに、人びとがよく選んでいるものの一つになっているようです。
 この精油は、胃を緩和させ、胃炎、下痢、疝痛、消化性潰瘍、嘔吐、腸内ガスの滞留、腸の炎症といった症状を好転させます。つまり、腸の炎症を伴う症候群にたいして効果を発揮できるのです。また、肝臓の各種の障害、黄疸ならびに性尿路のいろいろな不調にも役立つといわれます。
 カモミール油は、細菌と闘い、体の防衛系を強化する白血球の生産を促進しますので、くり返し感染症にかかる人びとはこれを使うように指示されます。貧血症にも有効です。

○ お肌 に対するはたらき
 やけど、水泡、炎症をおこした創傷、潰瘍、おできを軽快させます。皮膚炎、にきび、摘疹、乾察、過敏肌ならびにアレルギー症状全般にこれが役立ってくれます。破れた毛細血管をなおし、肌の弾力性を高めます。乾燥して、かゆみがある肌に効きめがあり、腫脹を好転させ、組織を強めます。これは皮膚の洗浄剤として、とてもすばらしいものです。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 アンジェリカ油、安息香油、イランイラン油、ジャスミン油、ゼラニウム油、ネロリ油、パチェリー油、バラ油、パルマローザ油、ベルガモット油、マージョラム油、ラベンダー油、レモン油

○ 注意事項
 これは通経作用がありますから、妊娠初期の数カ月間は使うのを避けることです。 

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

○ 植物としての特徴
 イギリス原産の植物で、ドイツ、フランス、モロッコで栽培されています。ローマンカモミールとジャーマンカモミールとは、多くの共通点をもっています。どちらも30センチほどの草丈で、中央部が黄色く、白い花びらをつけ、ちょっと羽毛を思わせる葉をのばしています。ジャーマンカモミールのほうは少し小柄です。
 どちらのカモミールからとった精油もアズレン(パワフルな抗炎症成分)を含んでいます。この成分は植物としてのカモミールのなかには存在しておらず、精油中に形成されるのです。ジャーマンカモミール油はこのアズレンを少し多く含有していて、色は濃い青色です。このカモミールのことを、ときどき「ハンガリアンカモミール」などと呼ぶことがありますが、これはカモミールの名称をめぐっての問題をいっそう錯綜させるばかりでしう。

○ 歴史と神話
 薬草療法家カルペッバーによれば、エジプト人はこのハーブを太陽に献げていました。これが熱病をなおしたからです。ほかの資料ではこれが月のハーブということになっています。それは、これに冷却する効果があるせいです。古代エジプトの僧侶たちが、神経に関連した病気にたいしてのこのカモミールが緩和特性を発揮することを認めていたのは確かです。また、この植物の近くに植えてある低木類の病気をこれがなおすことから、長いこと「植物のお医者さん」とされてきました。
 カモミールという名前は「地面のリンゴ」という意味のギリシャ語から由来しており、また学名のなかの nobilis は高貴な花ということです。カモミールは長年にわたってシャンプーに使用されてきました。とりわけ、明るい色の毛髪のつやをよくし、美しくするのによく使われました。今日では、これは化粧品と香水にしばしば用いられています。カモミールのハーブティーは消化を助けるとともに安らかな眠りを促すものとして、ひろく使用されます。これは、黄疸と肝臓のいろいろな障害をなおすのにも役立つと人びとは考えました。これがときどきリキュールに添加されるのも、そのへんに理由があるのかも知れません!

○ 化学的な組成
 Anthemis nobilis :アンゲリカ酸、メタクリル酸、チグリン酸(酸類「アズレン(セスキテルペン)
 Matricaria chamomilla :クミンアルデヒド(アルデヒド)、アズレン(セスキテルペン)

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より


【香りの特徴Index】     【HOME】