心と身体の健康館

ラベンダー Lavender      
  マギーティスランド 30ml  4,500円(標準価格)
  マギーティスランド 12ml  2,000円(標準価格)
  ボルクン       5ml  900円(標準価格)
 

学 名:Lavandula angustifolia
生産地:フランス
抽出方法と部位:水蒸気蒸留法、花と葉
主要成分 :酢酸リナリル、リナロール、ラバンデュロール、リモネン
作 用:鎮静、鎮痙、消炎、鎮痛、生体リズム調整
ノート: トップノート
○ 香りの特徴
 フローラルで優しい、洗練された香り。
  緊張をときほぐし、気分を穏やかに。

○ こころ に対するはたらき
 ルドルフ・シュタイナー〔1861〜1925 ドイツの哲学者・思想家で独自の世界観「人智学」を唱え、広範な精神運動を創始した人物〕は、ラベンダーは物質体、エーテル体、アストラル体の三つを安定化させるとし、心理学的な不調をいやす効果をこれが示すと唱えました。この精油は、怒りを和らげ疲労困憊を回復させることによって、人生にいっそう穏やかにアプローチできるようにしてくれ、精神を浄化するとともにこれを緩和させるように思います。これには中枢神経系のバランスをとる作用がありますから、躁うつ症的な状態のときにその価値を発揮します。

○ からだ に対するはたらき
 ラベンダー油は心臓を鎮静させる作用があることから、高い血圧を下げ、心柏を鎮めます。また、これが不眠症を効果的になおすことは長い間知られてきました。
 この精油には痛みを和らげる特性があるために、筋肉の痙縮をなおすのに有効です。これに関連して、捻挫、筋ちがい、リウマチの鋭い痛みにも効きめがあります。ラベンダー油をマージョラム油とブレンドすると、効能がいちだんと高まります。
 これは呼吸器系に有益で、気管支炎、喘息、カタル、かぜ、喉頭炎およぴ咽喉の各程の感染症のような障害に効きめがあります。また、この精油は結核の影響を減少させ、その抗ウイルス特性のために感染症にかかりにくくさせます。
 ラベンダー油は、少量月経や月経痛のような月経上の障害、さらに白帯下に役立ちます。この精油は出産に有益で、苦痛を減らし、分娩をスピードアップします。これで下背部をマッサージすれば、後産を促進できます。

○ お肌 に対するはたらき
 ラベンダー油には新しい細胞の成長を促すとともに皮脂の分泌のバランスをとる効果を示す作用がありますので、大半の肌の状態に価値を発揮します。この精油はやけどと日やけのしすぎをなおす力で有名です。また、にきび、湿疹、乾癬にも役立ちます。さらに、これは膿瘍、おでき、よう(磯)を治癒する働きがあり、 真菌の増殖、腫脹、瘢痕、壊疸性創傷をいずれも最小限におきえるともいいます。また、これは効果的なヘアトニックになります。脱毛症の際に役立ってくれるものと思います。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 オレンジ油、カモミール油、クラリセージ油、シトロネラ油、ジャスミン油、ゼラニウム油、タイム油、ナツメグ油、パイン油、パチェリー油、ベルガモット油、マンダリン油、レモン油、ローズマリー油、ローレル油

○ 注意事項
 低血庄症の人びとのなかには、ラベンダー油を使用したあと、少し感覚が鈍化して眠くなってしまう人もいます。また、この精油は通経剤なので、妊娠の初期の数カ月の間はこれを使うのを避けるのがベストです。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より

【HOME】
静かな時 素敵な夜を“香りと明かり”で演出してみませんか
アロマライト

¥1,800〜