心と身体の健康館

マージョラム Marjoram     
  マギーティスランド 12ml  2,000円(標準価格)
  ボルクン       5ml   900円(標準価格)
 

学 名:Thymus mastichina
生産地:スペイン
抽出方法と部位:水蒸気蒸留法、葉
主要成分 :テルピネンー4ーオル、シスーサビネンハイドレイト
作 用:制淫、緩和、強心、鎮静
ノート: ミドルノート
○ 香りの特徴
 優しくしみとおるような温かみのある香り。
  気持ちを鎮め、心地よい安らぎを。

○ こころ に対するはたらき
 この精油は、神経系を鎮静する効果を示し、不安、ストレスの影響を緩和します。ことによってはもっと根のふかい精神的外傷からも人を救ってくれるのではないかと思います。これは人の心を強くし、問題に直面するのを助けます。悲しみや孤独感に襲われたとき、気持をらくにしてくれます。それは、マージョラム油には情緒を温める作用があるためです。行動過剰〔落ちつきがなく、注意を集中させることが困難で、衝動的、自己抑制がきかないをどの行動パターンを示すこと〕の人びとにとてもよい効きめを発揮します。

○ からだ に対するはたらき
 多くのさまざまなかたちで健康を増進する、ほんとうに役に立つ精油です。これは筋肉痛にとくに有効です。とりわけ消化障害と関連している可能性がある下背痛と月経上の不調に効果を示します。
 また、マージョラム油は各種のリウマチ痛、関節の腫脹にも効きます。とくに、患部に冷たい感じ、こわばった感じがあるときに有効です。それは、この精油に血液循環を活発にする作用があるからです。これは動脈と毛細血管とを拡張し、血液を流れやすくして、気持がよく温かいという感じをもたせてくれます。スポーツをしたあとのすりこみ剤としても有益です。
 マージョラム油は心臓の強壮剤としてすぐれており、高い血圧を下げるように思います。体全体をリラックスさせる効果があるために、頭痛、片頭痛、不眠症に役立ちます。
 この精油に消化器系の不調を和らげる作用があることは有名です。これは胃痙攣、消化不良、便秘、鼓脹に有益ですし、体が毒素を排出するのを助けることもできます。船酔いにも効果があるでしょう。
 マージョラム油は胸部のいろいろな感染症、かぜ、副鼻腔炎、気管支炎および喘息に効果を発揮すると思います。かぜのときに頭をすっきりさせるのを助けてくれ、気管がつまって苦しい気分を軽減させてくれます。
 この精油は月経の周期を規則的にし、月経痛を和らげるのに役立ちます。しかし、これには性欲を鎮めてしまうという評判もあります。

○ お肌 に対するはたらき
 マージョラム油には血液の流れをよくする力があるところから、これは挫傷のあとを散らすのに価値を発揮します。

○ ブレンドしてよくあうオイル
 イランイラン油、オレンジ油、カモミール油、サイプレス油、シダーウッド油、ナツメグ油、ベルガモット油、マンダリン油、ラペンダー油、ローズウッド油、ローズマリー油

○ 注意事項
 マージョラム油を長時間用いますと、眠気をおこさせます。また、妊娠中はこの精油を避けるのがベストです。

 ☆ エッセンシャルオイルの一般的な取扱い上の注意
 ☆ 安全キャップの開け方

※ワンダ・セラー著 高山林太郎 訳
「アロマテラピーのための84の精油」
(フレグランスジャーナル社) より

【HOME】
静かな時 素敵な夜を“香りと明かり”で演出してみませんか
アロマライト

¥1,800〜