心と身体の健康館
【さわやか21】のアロマグッズは、 【10%OFF!
【さわやか21】は、安心の後払い。 【コンビニ】【クレジット】OK!
【さわやか21】は、[送料]全国一律300円!
          さらに、10,000円以上お買い上げの場合は、【送料無料!

★★★  これからママになる方のアロマセラピー ★★★

 エッセンシャルオイルの紹介には、「妊娠中の方はお控え下さい」といった注意がたくさん出てきます。

   「あれもいけない、これもいけない!! いったい何を使ったらいいの?」

   「妊娠してしまったら、アロマテラピーは楽しめないの?」

 そんなことはありません。妊娠はとてもデリケートな営みで、日々変化する自分の身体に戸惑うことも多いものですが、そんなときにこそ、エッセンシャルオイルの心地よい香りが、心身に優しく働きかけて、お母さんと一緒に赤ちゃんにも優しさとやすらぎを与えてくれます。

 ただし、妊娠中のアロマテラピーはやはり違ってきます。エッセンシャルオイルの選び方や使い方にも特別な配慮が必要になります。特に赤ちゃんが急成長する妊娠中期までは十分な注意が必要です。安全な使い方を守って、安心・快適なマタニティーライフを送って下さい。


◆選ぶ時の注意点

 エッセンシヤルオイルの中には、排卵や生理の周期を促す作用のあるものや、刺激が強いものなど、妊娠時にはふさわしくないものがあります。時期に合わせて正しく使い分けて下さい。


○妊娠中には使用しない方がよいオイル
  クラリセージ、サイプレス、ジャスミン、ジュニバー、スイートフェンネル
  パジル、ペパーミント、マージョラム、ローズ、ローズマリー



○安定期まで、入浴・マッサージには使用しない方がよいオイル

  イランイラン、ゼラニウム、ラベンター、ロ一マンカモミール


◆使い方の注意点

○芳香浴

  濃度はできるだけうすめを心がけて下さい。
  薄く保ちながらも、そのときに好ましいと感じられる香りのものを使って下さい。

○マッサージ(→マッサージの仕方:「自分でマッサージオイルを作る時の注意」もあります)
  通常の半分の濃度を保ち、時間も短め(約5分間)にします。また腹部は避け、背中だけ、足だけ、手だけなどというように、局部的に行うようにして下さい。


○入浴
  通常の半分の濃度を保ち、エッセンシヤルオイルはキャリアオイルや牛乳、生クリームで薄めてから使用して下さい。あらかじめ次のようなレシピで入浴剤を作ってから、お風呂に注ぐと安心です。


入浴剤のレシピ

 ホホパオイル→エッセンシャルオイル→グリセリン→ハーブウォーターの順によく混ぜ合わせる。
 入浴する直前に、もう−度よく振って注ぎ入れる。お湯をかき混ぜてから、ゆっくりとつかる。
      ホホパオイル        …… 6ml
      グリセリン         …… 4ml
      エッセンシヤルオイル    …… 2〜3滴
      ハーブウォーター(好みのもの)… 10ml(*1)

*1 ミネラルウォーターでも可

※体調が昔通の状態でないとき(妊娠中毒症、流産しやすい状態にあるときなど)は、全ての使用をおやめください。

症状別アロマレシピ
 妊娠は病気ではない…とわかってはいても、実際には吐き気がする、背中や腰が痛む、足がむくむなどのつらい症状に加え、精神的にも情緒不安定になりがちです。これは、赤ちゃんの住み心地がよくなるように、自然と身体が変化していくその現象だとか。
 ここに紹介したアロマレシピは、いずれも安全なものばかりですが、体調が悪化したときには、すぐに使用をやめてください。

◆こころ編
●つわりがひどい時には
 妊娠初期によくみられる、吐き気に似た症状です。
 カンキツ系のさわやかな香りに包まれて、心身をリラックスさせることが大切です。
 [芳香浴]
(光と香りの相乗効果:こんなアロマライトはいかが?)
  単 品 ○グレープフルーツスイートオレンジレモンローマンカモミール
  ブレンド○ スイートオレンジローマンカモミ−ル(2:1)
        レモンローズウッド(1:2〕


●気分が滅入ったり、情緒不安定の時には
 アレコレ考えて不安になったり、神経をとがらせていては、母体も赤ちゃんも疲れてしまいます。好きな香りの中でのんぴりしたり、濃かいお湯の中でくつろぎながら、赤ちゃんと楽しく対話してみましょう。
 身体を温め、リラックス効果に優れたオイルを選びます。

 [芳香浴]
(光と香りの相乗効果:こんなアロマライトはいかが?)
  単 品 ○ グレープフルーツサンタルウッドスイートオレンジゼラニウム
        フランキンセンスラベンターロ一ズウッドローマンカモミ−ル
  ブレンド○ スイートオレンジゼラニウム(2:1)
        サンダルウッドローズウッド(1:2)


 [入浴]

  単 品 ○ ネロリローズウッド
  ブレンド○ グレープフルーツ(1滴)+ ローズウッド(2滴〕
        ネロリ(1滴)+ ベルガモット(2滴〕


※入浴と同じブレンド法で、家族や友人に簡単なハンドマッサージをしてもらうのもよいでしょう。

●よく眠れない時には
  精神的緊張から不眠になるほか、赤ちゃんがおなかの中で活発こ動きはじめるために睡眠不足になることもあります。いうまでもなく、母体には十分な睡眠が必要です。リラックスさせて安眠を誘うオイルで、寝室を香らせたり、入浴してみましょう。入浴はおやすみ前が効果的。身体が温まり、香りが残っているうちにベッドに入るようにします。
 [芳香浴]
(光と香りの相乗効果:こんなアロマライトはいかが?)
  単 品 ○ サンダルウッドネロリフランキンセンスラベンターロ一マンカモミール
  ブレンド○ スイートオレンジネロリ(2:1)
        ラベンターローマンカモミール(2:1)


 [入浴]

  単 品 ○ ネロリローズウッド
  ブレンド○ サンダルウッド(1滴)+ ネロリ(1滴)
        スイートオレンジ(2滴)+ ネロリ(1滴)


※入浴と同じブレンド法で、家族や友人に簡単なハンドマッサージをしてもらうのもよいでしょう。

◆からだ編
 おもに妊娠中期頃からあらわれる症状です。安定期にはいったら、以下のアロマレシピで処方してみましょう。
●背中や腰が痛い時には
  おなかが大きくなってくると背中や腹に負担がかかり、こりがひどくなったり、腰がだる<感じられるようになります。筋肉の緊張を和らげ、こりをほぐすには入浴やマッサージが効果的です。
 マッサージは家族や友人にお願いしましょう。ベッドなどにラクな姿勢で腰をかけ、首から肩、背中から腰の部分を優しくなでるようにさすってもらいます。時間は5分程度にし、腹部や足元を冷やさないように気をつけます。


 [入浴]

  単 品 ○ ラベンターローズウッドローマンカモミール
  ブレンド○ ラベンター(2滴)+ ローズウッド(1滴)
        ローズウッド(2滴)+ ローマンカモミール(1滴)


 [マッサージ]

  単 品 ○ ラベンダーローマンカモミール
  ブレンド○ ラベンダー(2滴)+ ローズウッド(1滴)
        サンダルウッド(1滴)十 ローマンカモミール(1滴)


●足がむくんで、疲れる時には
  出産までに平均10kgほど体重は増えます。これを支えるわけですから、足もたいへんです。 むくみや疲労には、手軽なフットパスや足のマッサージがよく効きます。
 マッサージは家族や友人にお願いしましょう。ペッドなどにラクな姿勢で横になり、ひざを軽く立てます。約5分間、足先からふくらはぎにかけて優しくなでるようにさすってもらいます。


 [入浴]

  単 品 ○ ゼラニウムユーカリ
  ブレンド○ サンダルウッド(1滴)+ ゼラニウム(2滴)
        ユーカリ〔1滴〕+ ラベンダー(1滴)


 [マッサージ]

  単 品 ○ サンダルウッドゼラニウムラベンダー
  ブレンド○ サンダルウッド(1滴)十 ラベンター(1滴)十 レモン(1滴)
        グレープフルーツ(1滴)+ サンダルウッド(1滴〕+ ゼラニウム(1滴)


◆出産編
●めざせ! 安産&快適出産
 いよいよ赤ちゃんとのご対面のとき。リラックスしながら楽しく、その瞬間を迎えたいものです。
 この時点で、タブーのオイルは全て解禁。自分の大好きな香りを選ぶとよいでしょう。おすすめは、呼吸のリズムを整えて、自然な陣痛を促すクラリセージやゼラニウム、またリラックスできる花の香りもOK。
 優しい香りに満ちた中での出会いは、赤ちゃんにとっても大きな安らぎとなるでしょう。


 [芳香浴]
(光と香りの相乗効果:こんなアロマライトはいかが?)
  単 品 ○ クラリセージジャスミンゼラニウムラベンダーローズ
  ブレンド○ ゼラニウムローズ(2:1)
        クラリセージジャスミン(1:2)



暮らしの中で香りを楽しむ  暮らしの中に香りを役立てる
こんなアロマレシピがお手軽に楽しめます
● こころ 編

リラックスしたい
眠りにつきたい
リフレッシュしたい
仕事に勉強に集中したい
2人で愛を深めたい
トキメキたい!恋をしたい!
不安、心配、焦燥感、気持ちが落ち着かない
恋の悩みで、落ち込んでいる
落ち込んで、ちょっとブルー
無気力・無感動 五月病
心がパニック&ショック状態!
緊張をほぐしたい


● からだ 編

虫さされ&虫よけ対策
食欲不振
夏バテしてしまった
筋肉痛になった
乗り物酔い&時差ボケに
疲れ目・ドライアイに
食べ過ぎで胃が苦しい
冷え症で辛い
咳・声・のど、鼻づまり
お肌の乾燥にによる“かゆみ”
しもやけになった
花粉症でつらい

● 特別 編
これからママになる方に
ダイエットでボディケア


【糖尿病で大事なこと まず、症状を知ろう】

【HOME】