★★★  nori先生に聞いてみよう No.1 ★★★

 最初の質問は、店長からです。
 スピードくじプレゼントで「バスソルト」をお送りしているんですけど、とってもたくさんの方がチャレンジしておられるんですね。必然的に「ハズレ」の方も多い。
 そこで、「バスソルト」を自作で楽しんでいただこうと思うのです。お塩の入手方法とか、加える量等、具体的に教えて下さい。


 はい。
 バスソルトはほんとに簡単に作れますよ〜!
 
< バスソルト 1回分の材料 >
 ▼塩  : 約50グラム(ミネラルソルト、岩塩、自然塩などです。食卓塩は不可です。)
 ▼精油 : 5滴 
 
< 調 製 方 法 1 >
 ▼塩をガラスの器などに入れてその中に精油を落とし、よく混ぜます。
 ▼入浴する時にそのまま湯船に入れるだけです。
 
※注意することは、入浴する直前に作ることです!
 精油は揮発性ですので、作ってそのまま(フタをせず)置いておくと香りが飛んでしまいます。
 また、湯船にバスソルトを入れてすぐに入らないと・・・
 せっかくの香りが飛んでしまいますので、ご注意下さい。
 
 まとめて作る方法もありますが、私はその日の気分や体調で精油を変えたほうが効果があると思うのです。
 
 まとめても作れますのでその方法もご紹介しますね。
< 調 製 方 法 2 >
 ▼作り置きする場合は、密閉の容器に入れて作ります。
  1週間分くらいまでなら、作っておいてもよいでしょう。
 
  その場合は、1回の量を目安に作りたい回数分をかけて下さい。
  例えば、3回分なら
 
 ▼塩  : 50グラム×3=150グラム
 ▼精油 : 5滴×3=15滴
 
 という感じです。
 これを3回に分けて使えばよいのです。
 
 作り置きのバスソルトは、熟成させる感じになります。
 少しづつ香りが変化するのが楽しめます。
 
 
 また、バスソルトに少しドライハーブを加えると目でも楽しめるものができます。
 ラベンダー、ローズ、マリーゴールド、ローズマリーなど
 
 ただし、ドライハーブを入れすぎるとお風呂のお掃除が大変になりますのでご注意くださいね!
 
 
< バスソルト用の塩 >ですが、ミネラルソルトをよく使います。
 また、死海の塩も良いです。
 これ以外にも岩塩、自然塩などでも構いません。(食卓塩は使わないで下さい。)
 ミネラルソルトは良いのですが、少しお高いのです。
 私はスーパーなどで売っているものもよく使います。
 普段は「赤穂の塩」とか「沖縄の塩」も愛用しています。
 
 
 あと、補足ですが・・・
 部分浴(手浴・足浴・座浴)の場合は精油は3滴までにして下さい。
 塩も少し減らした方がよいです。
 
 
 ミネラルソルトが売っているお店ですが、アロマテラピーの基材を扱っているお店で購入できます。
 
 私は「生活の木」でよく購入します。
 定価は、300グラム 500円です。 これは、食用は不可です。
 
      (※一部省略させていただきました。 店長)
 
 「さわやか21」からプレゼントで頂いたバスソルトはどちらかと言えば生活の木の方に近かったと思います。
 
 
 去年、バスソルトを作って欲しいと頼まれて、いろいろ作ったんですよ。
 バスキューブやハーブ入りソルトなんかも。
 ソルトにハーブティで色づけする事もできるんです。ピンク、黄色、紫・・・ハーブによって色が違うんです!これをビンに詰めると綺麗なんですよ。
 プレゼントには最適なものになります。



※店長から、お願い。
 バスソルトを使った後は、風呂釜はよく洗い流しましょう。
 お塩が入ったまま、放置すると風呂釜を傷めることがあります。

No.2
【nori先生に聞いてみようのページ】   【HOME】